Google
  Web検索 当サイト内を検索   


大統領選挙と為替・株価




まぐまぐより

最近電話番号と顧客名が表
示される電話機に変わり、男
性職員も自分の担当してい
る顧客からの電話に直接出
るようになりました。

しかしなかなか以前からの
癖は抜けないようで、誰も
が受話器を取って開口一番、
「はい、お電話かわりまし
た!」 と言ってのけます。

毎回笑いをかみころすの
に苦労します。

今回は、大統領選挙が為替・株価に与える影響についてです。

まず為替ですが、「大統領選挙の年はドル高」といわれるとおり、
円安・ドル高になることが多いです。

1988年以降の4回の選挙で見ると、92年をのぞいて、選挙から2
ヶ月後にはドルは5円程度高くなっています。92年はほぼ横ばい
です。

2004年については、ドルのセンチメントは非常に弱くなっていま
す。貿易赤字が巨額で、原油が高く、減税などの政策余力をほ
ぼ使い果たしたと考えられています。またブッシュ大統領は過
去に露骨なドル安政策を採用した経緯もあります。

ジンクス的にはドル高、ファンダメンタルズでいえばドル安。

どちらに転がるか、今の僕には判断がつきません。明確なサイン
が出るまでは待つのも一法かと思います。

ま、個人的には、ドルを買うだけの価値はあるかな、とも思いま
すが(あくまで確率論的に)。



次に株式ですが、選挙が株式相場に与える影響は複雑ですね。
短期と中期に分ける必要があると思います。

短期的には、3パターンが考えられると思います。

1 無反応型は、選挙なんかカンケーねえよ、というスタンスで
すが、アメリカ大統領選挙となるとそれはなかなかありえません
ね。

2 サプライズ型は、「まさか」が起こる場合です。

3 材料出尽くし型は、相場が「疲れた」場合です。

2,3の場合、選挙の結果判明を境にトレンドが逆に変化すること
になります。

では、今回は?

ダウ平均のチャートを見ると、選挙前の10月25日を境に上昇に転
じ、その勢いが選挙後も継続しています。というか、選挙結果がト
レンドに弾みをつけた感じで、「これからだ型」とでも名づけましょ
うか(どっかの保険商品みたいですね)。







この値動きについては、理論的に水準訂正の動きだという見方も
あります。

ブッシュとケリーの勝利確率が55:45として、ブッシュ大統領再選
でダウ10,500ドルに上昇、ケリー候補勝利で9,500ドルに下落す
る事が予想されていたとすると、理論的には選挙直前のダウは
10,050ドルで取引されていなければなりません。

その計算方法は、ちょっと難しいかもしれませんが、
(10,500-9,500)×(55/100)+9,500=10,050
となります。

10,500-(10,500-9,500)×(45/100)=10,050
という計算方法でもいいです。

そして選挙によってブッシュ大統領が再選されましたので、ダウ
平均は10050円から10500円へ速やかに水準訂正されるわけで
す。「重石が取れた」というわけです。



では、水準訂正が終わった後はどうなるでしょうか? これは短
期ではなく中期的な問題になります。

大統領選挙で現職が再選された場合の選挙翌年の株価変化
率は、平均的には、+7.5%とプラスです。

このことを強調して、大統領選挙後の株価は高いとおっしゃる専
門家もいます。

僕はその専門家の文章を読んだとき、びっくらこきました。そりゃ、
アメリカの株価は長期で上昇しているのだから、平均がプラスな
のは当然でしょう!

世の中、こういう専門家がいるから油断がならないです。

では、大統領が再選された場合の、選挙翌年の株価変化率のデ
ータを各大統領ごとに見てみます(1945年以降のS&P500指数)。

トルーマン(1949年) +10.5%
アイゼンハワー(1957年) -14.3%
ジョンソン(1965年) +9.1%
ニクソン(1973年) -17.4%
レーガン(1985年) +26.3%
クリントン(1997年) +31.0%

どうですか? これを見て、大統領選挙後の株価が高いから株を
買うべきだなんて言えますか?

上がる確率は3分の2で下がる確率よりは高いですが、この程度
の確率に賭けるのは、僕は愚かだと思います。しかもマイナスに
なったら15%前後の損失を覚悟しなければなりません。

わなに引っかからないように。




Homeへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO