Google
  Web検索 当サイト内を検索   


楽天とライブドアと税金





楽天とライブドアの投資戦略の違いを何度か書いていますが、大
赤字を出してまで「いい企業」を買収することと、磨けば光る(かも
しれない)「ボロ企業」をバーゲンセールで買うことのいずれがいい
か、直ちには答えは出ません。

というか、戦略が違うというだけのことであるともいえます。

さて、今回は「税金」という観点から両社の違いを見てみようと思い
ます。

楽苦天(らくてん)君と頼部戸亜(らいぶどあ)君は、いずれも毎月
5万円の自由になるおこづかいがあるとします。ただし、税金はそ
の5万円の中から出さなければなりません。

二人は今月、パソコンを買おうと思っています。

楽苦天君はいいパソコンを買っていろんなソフトやネットサービス
をがんがん使いたい。そこで彼は、貯金をはたいて15万円のパソ
コンを買うことにしました。

彼の今月の「決算」は、10万円の赤字です。

これに対して、頼部戸亜君は、パソコンなんていまどきどれもけっ
こう性能がいいから、あまりお金をかけることもないと考えました。
そこで頼部戸亜君は、金券屋で5万円相当の●▲電器の商品券
を4万円出して買い、5万円のパソコンを買いました。

彼の今月の「決算」は、1万円の黒字です。

以上は昨日見たところです。


そこに、頼部戸亜君に税務署から呼び出しがかかりました。何事
かと思って聞くと、税金を払えというのです。

「頼部戸亜君、君は4万円のキャッシュで5万円のものを買ったわ
けだから、1万円の利益を出している。だから税金として5000円払
いなさい」というのです。

頼部戸亜君は、せっかくお金をかけずにいい買い物をしたと思った
のに、税金を取るなんてあんまりだ、と思いましたが、まあ手元に
5000円の現金があるからまあいいかと考えることにしました。

他方、楽苦天君はいいマシンを買ったのに赤字なので税金を払う
必要がありません…。

この例はあまりにテキトーすぎるかもしれませんが、両社のやり
方と大筋では合っていると思います。

税金という観点で見たとき、大きな買い物をした楽天は、税金を
払わずに将来大きな利益に結びつく投資をすることができます。
これに対してライブドアは、しょぼい買い物をした上に税金まで払
わされることになります。

重ねて書きますが、これは別にどちらがいいとかいうものではな
く、単なる戦略の違いです。



Homeへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO