Google
  Web検索 当サイト内を検索   


西武グループは不良債権になるか





ブログで何度か「不良債権になる」と書いている西武グループで
すが、ほんとの財務状況はどういう具合なのか、ざっと試算して
みました。

こういう試算って、株式投資には重要だと思います。頭の体操だ
と考えてください。

まず、西武グループには西武鉄道に8000億円、コクドに4000億
円の負債があるとされています。あわせて1兆2000億円です。

これに対して資産は土地と西武鉄道株です。バブル期には、土
地は12兆円、西武鉄道株は8000円(時価総額3兆4400億円)
の価値がありましたが、現在は土地は1兆円あるかないか、西
武鉄道株の適正株価はせいぜい200円(時価総額860億円)と
いったところでしょう。

いまの資産は、あわせて1兆800億円といったところですか。

資産が1兆800億円に対して、負債が1兆2000億円ですから、単
純に考えて債務超過です。ただ、不動産や株の価格なんてあっ
てないようなものですから、テキトーに済まそうと思えば何とかな
るのかもしれません。

では、資金繰りのほうはどうでしょうか。

営業利益で考えると、西武鉄道は260億円の黒字ですが、コクド
は赤字です(ざっと50〜100億円くらいでしょうか?)。差し引き、
160〜210億円程度のキャッシュが入ってくると考えられます。

これに対して、借入金の支払は、西武鉄道の損益計算書から試
算して、グループ全体では200億円程度だと考えられます。

資金繰りのほうも、破綻寸前ですね。特に今後金利が上昇でもし
ようものなら、「アウト」になってしまいそうです。でも不採算事業
を整理すれば何とかなる範囲でもありそうです。

ただ、当面の資金繰りは現状でも何とかなるとしても、こんなカツ
カツの会社が正常な融資先とはいえません。したがって引当金
を積んでおく必要がありますが、西武に融資している銀行として
は、みずほグループが計3000億円、三菱東京1900億円、日
本政策投資銀行1300億円、中央三井信託銀行1000億円、
UFJ700億円、…などとなっているようです。

特にみずほは、純利益が3500億円程度のようなので、3000億
円も融資している企業が不良債権になったら大変なことです。

不良債権問題の再発は避けられない、と考えざるをえません。
(2004/11/17)




Homeへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO