Google
  Web検索 当サイト内を検索   


三光マーケティングフーズ(2762)



まぐまぐより

○ある大荷物を一人で運ん
でいたときのこと。

その荷物は、二人以上で運
ばな ければならない荷物で
した。

だが、一緒に運ぶはずの同
僚は「一身上の理由」 で逃
亡。仕方なく、一人で運ぶこ
とに。

しかし、誤って荷物が窓ガラ
スにぶつ かり、窓ガラスに大
穴が開いてしまった。

文字通り、顔面蒼白となった
僕は、 荷物を予め決まって
いた倉庫にしまい、逃亡を
敢行した。

未だに「犯人不祥」 のままで
あるが、犯人は僕です。ごめ
んなさい。


2003年6月に21万円で購入、2004年3月に21万8000円で売却。
配当と優待以外、ほとんど利益が出なかった。皮肉なことに、僕がこ
の株を売却してからしばらくして株価が急上昇、一時50万円台に乗
せた…。

ぶっちゃけ失敗です、はい。

僕がこの株を売ってしまったのは、停滞気味の外食産業なので他の
株を買ったほうが利益が多く得られるだろうと思ったからだ。どちらか
というとディフェンシブストック的な位置付けで、急激な株価の上昇は
望めないだろうと考えた。

しかし、この株は成長株だった。小売や外食の分野にも成長株はある
ということを痛感させられた株だった。三光マーケティングフーズの場
合、主な店舗が首都圏にしかない。これが関西へと進出するとき、こ
の会社のポテンシャルは飛躍的に高まることになる。この会社の場
合、エリア的に成長の余地があったわけで、その意味では非常に分
かりやすかった。

株価指標的にも、20万円台の株価だとPERが10倍ちょっと。成長
の余地が十分ある株としては激安といっていい。激安であることは、
頭では分かっていても、株価が上がる前はどうしても疑心暗鬼になっ
てしまうものだ。ある意味、株式投資は疑心暗鬼との戦いですね。

株主優待内容から考えると、法外な利回りになる。20万円程度の株
価で毎年2万4000円の食事券が送られてくる。利回り10%以上だ!
それを考えると、あえて売る必要はなく、お宝銘柄として一生持ってい
てもよかったのかもしれない。利回りのいい株は一生持つべし、とはう
ちの家訓にすることにしよう。


<株主優待データ>
・優待月   6月・12月
・最低保有株数   1以上
・優待内容   12,000円相当の食事優待券(1,000円券12枚)
「東方見聞録」「月の雫」「庖坊主」「荳庵」「だいこんの花」「葡萄屋」
「パスタママ」で利用可能(全ての優待券返送で精米5kgと交換可)



12000円分ってけっこうどっさりです




Homeへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO