いよいよ2005年4月からペイオフが「全面解禁」されます。

ペイオフとは、ここ数年たびたびあちらこちらで解説されていることですが、
預貯金の保障額を元本1000万円とその利息とする措置です。預金が1000
万円しか保護されないので金融機関を分散して預金すべきとか、ペイオフ
対策に金を買えとか、世の中かまびすしいですが、フタを開けてみれば何と
いうことはないということになりそうです。

というのも、日本のペイオフ「全面解禁」は名ばかりで、実質上骨抜きにされ
てしまっているからです。

世の中、こういうのがほんと多いです。カタチに惑わされて中身を見ないと損
をします。逆にいえば、カタチが変わっても中身を見る目を持っていれば上手
に渡世ができます。

ペイオフ「全面解禁」などというのは、わが国によくある茶番劇のひとつにす
ぎないのです。


さて、どこが茶番劇かといいますと、

ペイオフにより預金は1000万円しか保護されない建前だが、実は無制
限に全額保護される預金も存在する


ということです。



例外的にせよ全額保護される預金があるとすれば、1000万円以上の預金を
持つ人はそちらの預金に移し変えればいいだけで、金融機関の分散に頭を
悩ますこともなければ、あえて株や金や不動産に手を出す必要もありません。

金融機関のセールスマンが「あなたの預金、大丈夫ですか?」と脅しをかけ
たって、「大丈夫です」とあっさり返すことが可能なのです。

その全額保護される預金とは「決済性預金」というものです。決済性預金には
(1)無利子(2)要求払いに応じる(3)決済サービスの提供−−の3条件が必
要で、企業などが利用する「当座預金」や、一般の人も利用できるよう新たに
導入される「決済用預金」などがあります。

要するに、利息はつかない代わりに全額保護される預金が新規開設されるこ
とになるということです。「決済用預金」は全国のほとんどの銀行が導入するの
で、探すのに苦労することもなさそうです。

銀行にとって、この決済用預金はよだれが出るほどおいしい預金になりそうで
す。なぜなら、この預金は利息を払わずにタダでお金を集めることができるから
です。

決済用預金で利息を払わずに預金を集められるなら、今後金利上昇局面になっ
ても普通預金や定期預金の金利はあまり上がらない、などということもありえな
いことではなさそうです。また、普通預金や定期預金を持つ人に対しては口座維
持手数料を徴収し、決済用預金に預金する人にだけ無料で銀行サービスを利用
させるようにすれば、銀行が預金者に利息を支払うことはほとんどなくなってしま
うかもしれません。

けっきょくのところ、ペイオフのしわ寄せは一般の預金者に振りかかってくることに
なります。


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO