Google
  Web検索 当サイト内を検索   

■送料無料■
ラブアトラクション☆
ヒトフェロモン配合!
男の魅力GET!


ライブドア対フジテレビ(2) フジテレビの防戦

ライブドアの攻勢に対して、フジテレビ側は「奇策」を発してきました。



 フジテレビは10日、ニッポン放送に対するTOBの買い付け株数
を25%超に引き下げるとともに、TOBの期限を21日から3月2日に
延長すると発表した。

 TOBによりフジがニッポン放送株の25%を取得できれば、商法
の規定により、同放送が持つフジ株22.5%の議決権が消滅して、
ライブドアの支配力がフジに及ばなくなるからだ。




普通に考えれば、フジテレビは同じグループのニッポン放送を守
るためにTOB価格を吊り上げてライブドアに対抗してきそうです
が、そうはせずに買い付け目標を引き下げたのです。しかも、TO
Bを諦めたわけではなく、期限を延長してTOBを成功させようとし
ています。

ポイントは「25%」という数値にあります。



商法241条3項によると、会社同士が株式を持ち合っている場合、
自分の会社の25%超の株を持つ会社に対して議決権を行使する
ことができません。

ということは、フジテレビがニッポン放送(=ライブドア)に自社の
経営に口を挟ませないためには、ニッポン放送の株式の25%超
を取得すればいいということになります。

TOB開始前のフジテレビのニッポン放送に対する持株比率は12.3
%ですから、あと十数パーセントの取得は何とかなりそうな気もし
ます。

フジテレビとしては、ニッポン放送を捨ててフジテレビ本体を守る、
という現実的な作戦を採用したようです。




投資関連サイト集へのリンク

カブログランキング
  カブログ

株式・投資ブログランキング

Airランキング









Homeへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO