Google
  Web検索 当サイト内を検索   


親子上場




まぐまぐより

大阪市内の幼稚園に通う娘
(3歳)、

今朝幼稚園で「きのう、うち
に地震きてんで!」って、み
んなに自慢していたが、み
んなの家にも来ていたのを
知ってびっくりしていた。

かねてから気になっていた記事に、ブログ「800万円→100万円→
1億円達成の株式投資
」さんの「親子上場」があります。

概要は、子会社の上場は親会社にとって「打ち出の小槌」みたい
なもので、ひどいケースでは株式交換による完全子会社化で個
人投資家を犠牲にすることもあるというものです。


→子会社に少し利益を付け替えてあげて、株価を上げてIPOする。
→親会社は株を放出して大もうけ。
→で、数年後子会社から利益を吸い上げて、赤字にする。
→赤字になると株価が下がる。
⇒株価が下がったところで厳しい比率で完全子会社化する。
 
⇒ほとんど希薄化せずに丸儲けでファイナンス大成功



こんなことがまかり通っていいのかな、と考えているうちに、西武
鉄道の有価証券報告書虚偽記載問題に連想が及んでいきまし
た。どこまで深く掘り下げられるか分かりませんが、何回かに分
けて僕が思ったことを書いていこうと思います。


まず、先ほどの記事で親子上場の例として取り上げられていたコ
ナミ東京(4780)を四季報で調べてみました。コナミ東京はコナミ
の開発子会社。家庭用ゲームソフトの受託製作から独自ソフト育
成、有力タイトル多い、ということです。

僕が気にしているのは、親会社の持ち株比率です。コナミ東京
の場合、親会社のコナミは63%もの株を持っています。

もっと親会社の持ち株比率が高い株はないかな…と思いつくま
ま探していると、イオンファンタジー(4343)の72.4%がありまし
た。松下電工IS(4283)は63%、キヤノン電子(7739は61%)。

上場廃止基準の80%超はさすがにありませんが、かなり高い
ですね。

たとえばですよ、ある会社が子会社を上場させようと考えている
とします。自分はその子会社の80%を握ったまま残りの20%だ
けを市場に流通させる。

これは東証の上場基準からすればOKなのですが、資本主義の
論理からしておかしくないだろうか?

そもそも、株式を上場するとはどういうことなんだろうか?



Homeへ

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO